限りある資源の有効活用を計り、新たな省エネ資源の創出を通し、地球に於ける人類の住環境改善の一翼を担うことを目的として弊社は設立されました。
その一環として平成10年に田村科学研究所より会社目的に副う特許権14件の移管を行ない、 以後弊社の主たる業務は、これらの特許の基本技術を応用した技術支援を産業界に対して行なうコンサルタント業務が主体となっております。
しかしながら、これらの特許・技術を応用した新商品をマーケットに紹介、その真価を問うことも重要な責務と思考し、当社会社理念に則りその一翼を担うべく販売戦線にも参入して参ります。